当院について

当院について

「住み慣れた自宅と家族に囲まれて療養する」

住み慣れたご自宅やご家族との従来通りの生活環境での療養は、病院での入院生活とは異なり、精神的にも安らぎを得ることができます。

患者さんの「専任医師」として、ご自宅での療養をサポートさせていただきます。

医療従事者と家族の画像

介護サービス・支援病院と連携

在宅医療のスペシャリストとして、訪問看護事業所、居宅介護支援事業所などと連携し、患者さんそれぞれにベストな療養環境づくりを目指してまいります。

  • 主治医意見書や各種指示書の作成
  • ケアマネージャーやご家族との診療情報の共有
  • 担当者会議・退院前カンファレンスへの参加
  • 公費の申請に係る診断書・成年後見人申請の診断書作成

退院後の在宅療養への移行支援や、在宅療養中におこりうる緊急時の受入れ病院の紹介などは、近隣の支援病院と連携し対応しております。
レスパイト入院が必要な際にも支援をおこなっております。

医療面のサポートでご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

介護サービス・支援病院の画像

医療スタッフ紹介

たけし在宅クリニックの院長写真
医療法人社団片桐会 理事長・院長 片桐 崇文(カタギリ タカフミ)

東京都江東区に開業し15年、患者さんやご家族との信頼関係を築いていくことを第一に考え、他業種間連携による診療を心がけております。

少子高齢化が社会問題となっている昨今、病院へ通院していただく医療から、患者さんのもとへ出向く医療をコンセプトに在宅医療機関としてさらなる進化を目指し、患者様目線で考える医療サービスを重要視してまいりました。

この度、在宅における医療サービスをできるだけ自院で集約出来るよう、歯科部門を立ち上げました。
在宅療養で皆様のQOL向上をはかれるよう、地域医療に貢献する皆さまのホームドクターとして信頼していただける在宅クリニックを目指し、日々向上してまいりたいと思います。

【プロフィール】
平成5年 北里大学医学部卒、同大学整形外科入局
北里研究所メディカルセンターなどを経て
平成14年より現職

たけし在宅クリニックの歯科部長写真
医療法人社団片桐会 理事・歯科部長 片桐 元(カタギリ ゲン)

訪問歯科に限らず、歯科医としての役割は患者さんの「食事を美味しく頂くこと」への手助けをすることだと思います。

旅行に行って各地の名産品を食べたり、宿の自慢の料理を食べることは、誰でも楽しみのはずです。また、ご自宅にいらしても、食事が楽しみなことは共通して言えるでしょう。

しかし「歯が痛い・歯茎が腫れている・入れ歯が合わない」などの悩みがあると、食事を美味しく召し上がることが難しくなります。
お口の中の問題を少しでも解決して、食事を美味しく召し上がれるようにしましょう。

【プロフィール】
平成9年 明海大学歯学部卒
平成9年 都内歯科医院勤務のち副院長
令和2年 医療法人社団片桐会 理事 就任