bootstrap html templates
Mobirise


たけし在宅クリニック

24時間365日体制

定期訪問している患者様の容態が急変した場合は、あらかじめお伝えするお電話番号にご連絡ください。 夜間・休日関係なく365日いつでも電話が繋がります。

在宅医療・訪問診療とは

在宅医療(訪問診療)は、通院が困難な患者様のお宅へ医師が定期的に訪問し、診療と健康管理を行う医療サービスです。
また緊急時には医師が24時間対応し状況に応じて臨時往診や入院先の手配などを適切な措置をサポートいたします。
当院の訪問診療では、病気の治療だけに限らず、“自宅”という環境の中で起こりやすい肺炎や褥瘡(床ずれ)、痛みの緩和(ペインコントロール)から精神専門医によるメンタルケアまでの幅広い分野での予防と処置をすることができます。
ご自宅での療養を希望される「患者様の意向の尊重を第一に」「最大限の努力で入院が必要な状況を未然に防ぐ」ことを当院の大きなテーマとしています。
たけし在宅クリニックは、地域の病院や介護事業者の方々と連携しながら、患者様が安心して住み慣れた自宅での療養を続けられるようにサポートさせて頂いております。

在宅医療・訪問診療の目的

「住み慣れた自宅と家族に囲まれて療養する」
 
現在、病院に通院中での方や、病院に入院中の方が、ご自宅で過ごしながら診療を希望される場合に「在宅診療」をお選び頂けます。
住み慣れたご自宅“はご家族や旧知の友人の存在など、人が人として生活するうえでとても大切な環境であると考えております。
患者様の「専任医師」として自宅での療養をサポートさせていただきます。

介護サービスとの連携

在宅医療のスペシャリストとして、ご家族や介護者・施設運営者の方々との積極的な協力関係を構築し、ベストな療養環境づくりに参加させていただきたいと考えています。
 
・主治医意見書や各種指示書の作成
・診療情報をケアマネージャーやご家族様と共有(居宅療養管理指導)
・ケアプランに合わせた診療計画の調整
・担当者会議・退院前カンファランスへの参加
・難病申請・公費助成・成人後見の診断書作成

支援病院との連携

前方連携
病院から退院し、在宅療養に移行される患者様のために、当院ではそれぞれのご事情やご要望に合わせた万全の対応をさせて頂きます。
 
後方連携
在宅療養期間中に、万が一の際の入院や検査を要する場合に受け入れる協力病院は重要です。当院では、地域と患者様の状況に応じて複数の高度医療機関と連携することで緊急時にも迅速かつ適切な対処が可能です。
 
緊急時の入院受け入れ
在宅医療では対応できない内視鏡などの精密検査、CT・MRIなどの画像診断、専門医による診察や高度治療のために緊急搬送を行うことも可能です。

対象となる患者様

通院が困難な方
・寝たきり、準寝たきり状態で通院が困難
・認知症でお困りの方
・在宅にて医療処置および管理を必要とされる方
後遺症や障害をお持ちの方
・脳卒中(脳梗塞・脳出血)などの後遺症で障害をお持ちの方
・難病や重度障害をお持ちの方
医療処置が必要な方
・床ずれ(褥瘡)処置
・留置カテーテル(尿の管)の交換、管理
・経管栄養(経鼻、胃瘻、腸瘻)のチューブ交換、管理
・輸液(点滴、中心静脈栄養)のルート交換、管理
・在宅自己注射指導管理(インスリンの自己注射)
・在宅酸素
・気管切開(気管カニューレの交換)
・在宅人工呼吸器管理
 ※専門的な処置の場合、ご紹介元医療機関と連携し適切な対応を取ります。
・施設に入所中の方
・施設入所中で、通院の困難な方
終末期をご自宅で過ごされたい方
・患者様が住み慣れた住居で最期まで安心して過ごせるように疼痛の管理や緩和ケアをさせ ていただきます。

在宅診療開始までの流れ

Step1 ご相談
・お電話もしくはFAX、E-Mailにてご相談ください。
・ご家族、ケアマネジャー、介護事業者、訪問看護師、病院関係者、各位よりのご相談を承ります。
Step2 面談
 面談を行って患者様の病状やご要望を確認したうえで往診頻度や曜日、時間帯の具体的なスケジュール調整を行いますが、病状によっては面談時に並行して診察を行います。
Step3 診察開始
 定期往診サービスを開始します。
 ご家族様やケアマネジャー様、訪問看護ステーション様にご協力をいただき、緊急時には 随時訪問して診療を行います。毎月「在宅療養計画」にて治療方針をお伝えします。

診療エリア

Mobirise

Intro with Image

江東区・墨田区の全域
中央区・江戸川区・葛飾区の一部地域
・別途ご相談賜りますのでお気軽にお問い合わせください。

診療内容

当院では、「患者様が住み慣れたご自宅」での療養の実現のために医師が計画的にご自宅を訪問し、診療、治療、薬の処方、を中心に同居されるご家族へ療養上の不安やご心配されぬようにアドバイス等をさせていただいております。
不安や心配はお気軽にお申し付けください。“丁寧と親切”をモットーにお応えさせていただきます。
訪問頻度は、病状が安定している場合は隔週の月2回が基本です。
ただし、在宅での緩和ケア、看取りなど個々の状況やご事情によっては頻度を増やした訪問を行います。
また、定期訪問中の患者様の容態が急変した場合は、年中無休24時間対応にて緊急往診を行います。

訪問診療

Mobirise

当院では、「患者様が住み慣れたご自宅」での療養の実現のために医師が計画的にご自宅を訪問し、診療、治療、薬の処方、を中心に同居されるご家族へ療養上の不安やご心配されぬようにアドバイス等をさせていただいております。
不安や心配はお気軽にお申し付けください。“丁寧と親切”をモットーにお応えさせていただきます。
訪問頻度は、病状が安定している場合は隔週の月2回が基本です。
ただし、在宅での緩和ケア、看取りなど個々の状況やご事情によっては頻度を増やした訪問を行います。
また、定期訪問中の患者様の容態が急変した場合は、年中無休24時間対応にて緊急往診を行います。

遠隔診療

Mobirise

当院では、訪問診療とは別に遠隔診療も実施しています。
遠隔診察は誰にも気を使わずに、どこでもいつでもプライバシーを守った受診が可能です。
初回外来は対面のみで、二回目以降はパソコン、タブレット、スマートホンなどの機器でオンライン診察を受けることができます。 

遠隔診療のメリット
・お手持ちのスマホ/PC/タブレットで場所を選ばずどこでも受診が可能です。
・予約〜問診〜診察〜決済がすべてオンラインで完結 ※ できますので、
 診察待ち/会計待ち時間を解消します。
・どこでも受信が可能ですので、通院負担の軽減や交通費の削減になります。
・自宅に薬や処方箋が届くので、薬局周りの必要がありません。
※本遠隔診療は、対面診療と組み合わせることでご利用いただくことができます。
また診療内容や患者様の状態によって、初診・再診に関わらず対面診療が必要になる場合がございます。

ご利用料金
 30分 3,500円
 60分 6,000円

ご予約方法
 メールホーム にてご連絡ください。
 折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。
 お名前、年齢、ご住所、連絡先をご記入の上ご希望の日程を第3希望までご記入ください。
 事前情報として状況、いつから、症状(気持ちを素直に)合わせてご記入ください。

終末期ケア

Mobirise

体の苦痛を取り除き、可能な限り快適な生活を送れるようにケアします。

病気の治癒を目的としたものではなく、その患者様の望む生活の質(QOL)を第一にペインコントロール(体の苦痛を取り除く)の実施により可能な限り快適な生活を送れるようにすることを緩和ケアと呼びます。
たけし在宅クリニックでは「住み慣れたご自宅で快適な療養」をテーマにご本人様は勿論、ご家族様の思いも反映した信頼される主治医でありたいと考えます。 

在宅緩和ケア開始までの流れ

Step1 ご相談
 お電話、FAX、E-MAILにてお問合せください。
 病院関係者、ご家族、ケアマネジャー、介護事業者、各位よりのご相談を承ります。

Step2 カンファレンス
 面談を行い、患者様の病状やご希望を確認いたします。その上で往診の頻度や曜日、時間帯の調整を行います。病状によっては面談時や退院初日に診察を行う場合もございます。

Step3 診察開始
 退院後、終末期ケアサービスを開始します。ご家族様やケアマネジャー様、訪問看護ステーション様にご協力をいただき、緊急時には随時訪問して診療を行います。
 毎月「在宅療養計画」にて治療方針をお伝えします。

グリーフケア

Mobirise

大切な家族を亡くした心の痛みを誠心誠意ケアします。

「グリーフ(grief)」とは「悲嘆」を指し、ご家族や友人など友人大切な方を亡くされたり、長年勤めた会社を退職したりといった喪失体験による悲嘆した感情を指し、そのような体験により人は心身に様々な影響をもたらします。

■在宅看取りとグリーフケア
人は誰しも自分が大切に思っていた人である親や配偶者、こどもや友人などを失った時、その喪失の悲しみを乗り越え、少しずつ現実を受けいれていきます。
しかしその受けいれていこうする過程がうまくいかないと、不眠や抑うつ状態などが続いて精神疾患に移行したりストレスによってPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したりと長期化する人もいます。
一般には、身近な人との死別後、立ち直るまでには1年ほどかかるといわれています。
そのような悲嘆のプロセスを適正化して遺族が新たな生活に適応していけるように促す、それがグリーフケアです。
医療技術の向上により平均寿命も延びて乳幼児の死亡率も低下した今日では病院で亡くなる方が一般的であり、自宅で家族を看取るといった機会も減ったために、人の死は身近な出来事ではなくなってしまいました。このことではじめて大切な人を失い、見送る事への理念や失うことへの心の準備が間に合わない方も増えました。
グリーフケアは死別後のケアではなく、終末期のように死が近いことを予見できる場合は特に生前からの関わり方は大切なグリーフケアになります。 生前からご家族の心理的な状態や死生観などを把握し、ニーズを把握しながら看取りの支援を行います。

こころの診察室

喪失体験も悲観もないが、職場や友人などの人間関係がうまくいかなかったり、仕事や家事、育児などといった日々の仕事に心が疲れてしまったり、憂鬱で元気とは言えない日々もあると思います。
そういう時には、当クリニックの医師に思いを言葉にするだけでも、きっと心が少し軽くなれるかもしれません。あなたにとって些細なことでも気にせずに、どうぞお気軽にお話しください。
当院には、精神科医の他にも内科医、産業医など幅広い科目の医師がチームを組んでいるので、お身体の不調、職場などの対人関係などで不安を抱えておられる方も、どうぞ安心してお越しください。

ご利用方法

外来日
 金曜日 (土曜日 応相談)

時 間
 午前の部 10:00 〜 13:00
 午後の部 15:00 〜 18:00
 *オンライン診療をご希望の方には、来院時にご案内させていただきます。

料金(税込)
 対面 初回    90分まで 5,000円
    2回目以降  30分単位 3,000円 (延長10分 1,000円)
          60分   5,000円
◆オンライン診察
 初回外来は対面のみで、二回目以降はパソコン、タブレット、スマートホンなどの機器でオンライン診察を受けることができます。
 オンライン診察は誰にも気を使わずに、どこでもいつでもプライバシーを守った受診が可能です。
       30分 3,500円
       60分 6,000円

ご予約方法
 ご予約は年中無休の フォーム よりお願いいたします。
 メールホームにて必要箇所をご記入の上、ご連絡ください。
 折り返し担当スタッフよりご連絡差し上げます。
 お名前、年齢、ご住所、連絡先をご記入の上ご希望の日程を第3希望までご記入ください。
 事前情報として状況、いつから、症状(気持ちを素直に)合わせてご記入ください。


費用について

Mobirise



一般的な負担事例の紹介(およその目安)
 あらかじめ計画されて1ヶ月に2回、自宅で訪問診療を受けた場合

訪問診療は健康保険適用です。健康保険の自己負担が費用としてかかります。
介護保険の要介護認定を受けている方は、居宅療養管理指導の1割が別途かかります。

居宅療養管理指導の内容

要支援・要介護状態にある方が居宅において自立した生活を営めるように医師が訪問して病状、心身の状況、置かれている環境等を把握し、居宅介護支援事業者・ケアマネジャーに居宅サービス計画等の作成に必要な情報を提供するとともに、利用者及び家族の方に療養上の管理指導を行います。

利用料について

1ヵ月に2回を限度として、介護保険報酬に応じた利用者負担額(1割)がかかります。

診療費用の目安

下記は費用負担分の概算です。病状によって変動する場合がございますのでご不明な点はお問い合わせください。
上記の『在宅時医学総合管理料』は、診療所が24時間体制で在宅診療を行なっている《機能強化型在宅療養支援診療所(無床)、在宅緩和ケア充実加算なし》で、院外処方の場合を掲載しております(処方が院内か院外によっても金額は異なります)。
在宅診療を受けている場所が自宅か施設によって、金額は異る場合がございます。

・診察に伴う交通費、相談費は一切頂いておりません。
・保険診療ですので各種健康保険を利用頂けます。
・検査を行った場合は別途検査代が必要です。
・介護保険利用者は居宅療養管理指導料として約500円が必要になる場合があります。
・院外処方になりますので薬剤費は別途必要です。お薬は当院の連携薬局からの処方の場合、ご自宅へのお届けも可能です。

訪問診療料のお支払いについて

毎月末日に1か月分の訪問診療料をまとめ、翌月中旬に請求書を郵送させていただきます。お支払い方法は、銀行の口座振替もしくは訪問時に現金でのお支払になります。

お問合せ&アクセス

お気軽にお問い合わせください

問合せ先

電話: 03-3917-0677
Email: info@takeshi-zaitaku.com

Address

〒135-0024
東京都江東区清澄1-4-12
ファーストレジデンスP506

Contacts

電話: 03-3917-0677
Email: info@takeshi-zaitaku.com